くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
中国漁船衝突事件

2010年9月7日、中国漁船が尖閣諸島沖の日本の領海に侵入した上、駆け付けた日本の巡視船に体当たりを行なった事件。

事件の発生場所に因み、尖閣漁船事件とも呼ばれます。
     
2010年9月7日、尖閣諸島付近の海域をパトロールしていた巡視船「みずき」が、中国籍の漁船が日本の領海で違法操業しているのを発見。
    
中国漁船は、逃走時に巡視船「よなくに」と「みずき」に体当たりを行い、2隻を破損させました。
     
海上保安庁は、中国漁船の船長を公務執行妨害で逮捕しましたが、9月25日、政府の意向を受け、那覇地方検察庁は中国人船長を処分保留で釈放しました。
   
この処分を受け、国内からは政府(当時は民主党政権)に対する批判が殺到。
その後、非公開となっていた漁船衝突時の動画が、YouTube上に流出する事態となりました。
  
また、中国漁船の領海侵入を受け、地元・沖縄県石垣市は、尖閣諸島が日本固有の領土であることを国際社会に示し、啓発を図るため、条例(2010年12月17日成立)により「尖閣諸島開拓の日」を定めました。

風景
尖閣諸島:©外務省

    ページのトップへ