くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
苗字の日

9月19日。
明治3年の9月19日、太政官布告により、平民も苗字(姓、名字)の使用が許されました。
    
江戸時代まで、苗字の使用は、公家や武士などの支配階級に限られていました。
明治時代になると、戸籍制度の近代化のため、太政官布告(明治3年9月19日)により平民にも苗字の使用が許可されました。
   
もっとも、許可されましたが、苗字を付ける人が少なく、普及しませんでした。
そのため、5年後の1875年2月13日、平民苗字必称義務令が公布され、すべての国民に、苗字を名乗ることが義務づけられました。
 
この義務令により、すべての国民が苗字を持つことになりました。
なお、平民苗字必称義務令が公布された1875年2月13日に因み、2月13日は苗字制定記念日となっています。
    ページのトップへ