くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
世界狂犬病デー

毎年9月28日。
狂犬病予防連盟が定めた記念日。

狂犬病についての啓発活動や、犬への予防接種を推進するため、設けられた記念日です。
       
9月28日は、フランスの細菌学者ルイ・パスツールの命日に因みます。
ルイ・パスツールは、世界で初めて、狂犬病に効果がある弱毒ワクチンを開発した人物です。
      
同日には、世界中で、狂犬病についての理解を深めるためのイベントが開催されています。
   
■狂犬病
狂犬病ウイルスを病原体とする、ウイルス性の人獣共通感染症。
毎年約5万人が狂犬病により死亡しています。
     
一般的には、感染した動物の咬み傷からウイルスが伝染します。
通常、人から人へ感染することはなく、人への感染源のほとんどはイヌに咬まれたことが原因です。
     
日本では1950年に狂犬病予防法を制定され、飼い犬の登録と毎年1回の狂犬病ワクチン接種が義務付けられています。
  
ワクチン義務化により、日本国内では1957年以降、感染が確認されていません。
一方、海外からの輸入感染症例は、現在でも報告されています。


    ページのトップへ