くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
伊勢湾台風

1959年の台風15号。
1959年9月26日に紀伊半島の先端・潮岬へ上陸し、日本列島を縦断。
     
愛知県と三重県を中心に甚大な被害となり、死者・行方不明者は5098人に達しました。
 
伊勢湾台風は、1959年の9月21日、マリアナ諸島の東の海上で発生し、北上。
9月23日には、中心気圧が895hPa、中心付近の最大風速が75m/sとなりました。
   
9月26日18時過ぎ、中心気圧930hPaで、紀伊半島の先端・潮岬に上陸。
紀伊半島から中部地方を縦断し、27日0時頃、日本海へ抜けました。
  
その後、東北北部を横断し、太平洋へ抜け、27日21時、北海道の東の海上で温帯低気圧に変わりました。
 
台風通過により、伊勢湾岸では高潮(名古屋港で平均海面より+3.89m)による浸水が発生、甚大な被害となりました。
愛知県と三重県を中心に、死者・行方不明者が5098人、負傷者が3万8921名発生しました。
     
建物被害も甚大で、全壊家屋が3万6135棟、半壊家屋が11万3052棟、流失家屋が4704棟、床上浸水が15万7858棟となりました。
被災者も、全国で約153万人(愛知県が約79万人、三重県が約32万人)に達しました。
     
*被害状況は消防庁発表
シークザジパング
    ページのトップへ