くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
夏越祓(なごしのはらえ)

毎年6月30日に、全国各地の神社で行われている厄払いの行事。
       
半年間の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈る神事です。
夏越しの祓、夏越の祓、名越の祓、夏祓、夏越神事、六月祓とも呼ばれています。

各神社に設けられた大きな茅の輪をくぐることにより、厄払いを行う行事。
一般的には、大きな茅の輪を、左回り→右回り→左回りと、8の字を描くように、3度くぐり、無病息災を祈願します。
     
なお、京都では暑気払いの意味も込め、夏越祓に、水無月(和菓子)を食する風習があります。
          
*神社によっては茅の輪くぐりの作法が異なることもあります
     
*茅の輪くぐりは6月30日以外に行われている神社もあります。住吉大社(大阪市)の住吉祭は、7月31日、8月1日に行われる夏越祓です
       
*水無月は、三角形の外郎に小豆をのせた和菓子。小豆は悪魔払い、外郎の三角形は氷(暑気払い)を表しています
風景
水無月:©足成
    ページのトップへ