くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
大阪万博2025

夢洲地区:©経済産業省
風景
      
2025年に、大阪市夢洲地区で開催予定の国際博覧会。
    
正式名は「2025年日本国際博覧会」、略称は「大阪・関西万博」。
また、EXPO大阪2025、2025万博、2025大阪万博、大阪万博2025などとも呼ばれます。
     
日本は、2017年4月24日、2025年国際博覧会・開催地に立候補し、2018年11月23日、BIE総会で開催が決まりました。
       
開催予定場所は、大阪市の埋立地の夢洲。
開催日時は、2025年4月13日~10月13日までの185日間の計画。
     
テーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」
   
*大阪は1970年に「大阪万博」を開催しており、これと区別するため略称が「大阪・関西万博」になりましたが、一般的には2025年も大阪万博と呼ばれることが多くなっています
    
■開催計画
・テーマ…いのち輝く未来社会のデザイン
       
・場所…大阪市夢洲地区(大阪市此花区)
・期間…2025年4月13日~10月13日(185日)
    
・入場者・想定…約2800万人
・建設費・想定…約1250億円(国、大阪府・市、民間が1/3ずつ負担)
    
<経済波及効果・試算値>
・建設費関連…約0.4兆円
・運営費関連…約0.4兆円
・消費支出関連…約1.1兆円
      
開催場所:©経済産業省
風景
       
■経緯
2016年11月、大阪府が、2025日本万国博覧会基本構想を取りまとめ、大阪への博覧会誘致を決定。
   
これを受け、2016年12月、経済産業省は2025年国際博覧会検討会を設置し、開催国に立候補するかどうかの検討を開始。
      
2017年4月6日、検討会は、「立候補することを期待する」との報告書をとりまとめた。
2017年4月11日、2025年国際博覧会の大阪誘致に向け、立候補と開催申請を行うことが閣議了解。
       
2017年4月24日、パリの博覧会国際事務局(BIE)に立候補表明文書を提出し、正式に立候補。

2017年9月25日、博覧会国際事務局(BIE)に、立候補申請書を提出。
フランス・パリ、ロシア・エカテリンブルク、アゼルバイジャン・バクーも立候補し、4ヵ国で開催地を争うことになりました。
      
2018年1月22日、フランス誘致委員会のフロマンタン会長が、万博誘致活動から撤退することを発表。
撤退は、フランス政府の財政上の懸念からとみられています。
     
当初立候補していたパリが招致活動から撤退したため、最終的に開催に立候補したのは、大阪、ロシア・エカテリンブルク、アゼルバイジャン・バクー。
    
2018年11月23日、パリで開催されたBIE(博覧会国際事務局)総会で、2025年万博の開催地を決める投票(加盟国各1票)が行われました。
1回目の投票で、大阪が85票、エカテリンブルクが48票、バクーが23票。
       
1回目の投票で3分の2を獲得出来なかったため、上位2ヵ国による決戦投票が行われ、大阪が92票、エカテリンブルクが61票を獲得、2025年万博の大阪開催が決まりました。
   
2019年12月20日、閣議で大阪万博2025の博覧会国際事務局への登録申請が決定(閣議決定)し、12月27日、登録申請書を提出。

風景
万博開催を広報するオブジェ


    ページのトップへ