くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
ライトダウン・キャンペーン

毎年、6月21日頃(夏至)から7月7日(クールアース・デー)にかけて行われていた、地球温暖化防止のためのキャンペーン。
    
主催は環境省。
2003年に始まったキャンペーンで、地球温暖化防止のため、消灯を呼び掛けてきました。
      
特に、夏至の日とクールアース・デーの両日には、20時から22時までの消灯を呼びかけ、多数のライトアップ施設がキャンペーンに賛同し、2時間の消灯を行ってきました。
       
2019年、LED照明の普及状況を鑑み、環境省による呼び掛けは終了しました。
        
*ライトダウンは、北海道・五稜郭タワー、東京駅、東京タワー、東京スカイツリー、レインボーブリッジ、通天閣、大阪城、首里城公園などで行われました
*参考…環境省・ライトダウン・キャンペーン
      
■クールアース・デー
天の川を見ながら、地球環境の大切さを日本国民全体で再確認し、年に一度、低炭素社会への歩みを実感するとともに、 家庭や職場における取組を推進するための日。
     
2008年のG8サミット(洞爺湖サミット)が、7月7日の七夕の日に開催されたことに因み、毎年7月7日がクールアース・デーと定められました。
    
■ホームページ
・ライトダウン・キャンペーン



    ページのトップへ