くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
旅の日

毎年5月16日。
日本旅のペンクラブが、1988年に制定した記念日。
     
旅の心とは、旅人とは何かをあらためて問いかけるため、設けられました。
5月16日は、松尾芭蕉が奥の細道へ旅立った、1689年の5月16日に因みます。
   
<奥の細道>
江戸時代の俳人・松尾芭蕉の紀行作品。
「月日は百代の過客にして、行きかふ年も又旅人也」という有名な序文で始まります。
      
1689年の5月16日に、門人の河合曾良を伴って、江戸深川にあった芭蕉の草庵である採荼庵(さいとあん)を出発。
奥州、北陸道を巡り、美濃の大垣までの旅行記です。
     
また、芭蕉を代表する俳句がおさめられています。
岩手・平泉で詠んだ
「夏草や兵どもが夢の跡」
   
山形・山寺で詠んだ
「閑さや岩にしみ入蝉の声」
   
山形・最上川で詠んだ
「五月雨をあつめて早し最上川」
   
新潟・出雲崎で詠んだ
「荒海や佐渡によこたふ天河」
などが有名です。
       
*参考…日本旅のペンクラブ・旅の日

風景
芭蕉終焉の地・大阪御堂筋

    ページのトップへ