くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
台風19号:2019年

2019年10月に発生した台風。
関東、東北を縦断し、東日本、東北を中心に甚大な被害が発生しました。

10月6日に南鳥島近海で発生した台風19号は、12日19時前に伊豆半島へ上陸。
その後、関東地方を縦断、13日2時頃、福島県いわき市付近から太平洋上へ抜けました。
    
台風の影響で、東海、関東甲信、東北地方で記録的な大雨となり、神奈川県の箱根で1001.5ミリ、静岡県の伊豆・湯ケ島で760.0ミリ、埼玉県の秩父市で687.0ミリを観測しました。
 
この大雨で、関東甲信と東北を中心に各地で、河川の氾濫、冠水、土砂崩れが発生、甚大な被害となりました。
   
また、避難指示が210万5953人に、避難勧告が430万4520人に発令される事態となりました(10月13日12時時点)
停電も、関東甲信と東北を中心に26万戸以上で、断水も8万戸以上で発生しました。
   
消防庁によると、30日7時現在、死者・行方不明が87名、負傷者が462名。
交通機関にも大きな被害が発生しましたが、新幹線や高速道路はほぼ復旧しました。
    
長野新幹線車両センターが浸水、10編成の車両が水に浸かり、また、長野駅~糸魚川駅間も大きな被害となった北陸新幹線は、10月25日から直通運転を再開しました。
     
高速道路では、中央高速が10月19日に、信越自動車道が10月23日に通行止めを解除しました。
  
在来線や私鉄、一般国道においても、土砂流入などにより、大きな被害が発生、各地で運行休止や通行止めとなっています。
特に、箱根登山鉄道の箱根湯本駅~強羅駅間が、土砂崩れによる橋脚流失などのため、復旧には長期間掛かる見通しとなっています。

■被害状況
人的被害
・死者…81名
・行方不明…6名
・負傷者…462名

住家被害
・全壊…1668楝
・半壊…5866楝
・一部破損…7540楝
・床上浸水…3万2131楝
・床下浸水…3万6149楝
        
*2019年11月3日9時現在、消防庁発表
*被害状況には、11月3日現在も調査が続いており、今後、変わることもあります
【台風19号:2019年】
・台風19号
・被害状況
シークザジパング
風景
    ページのトップへ