くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
半夏生(はんげしょう)

雑節の1つ。
毎年7月2日頃。
       
名前の由来は、半夏(烏柄杓:からすびしゃく)という薬草が生える頃という意味から。
      
かつては、夏至から数えて11日目であったが、現在では国立天文台が定気法で計算しており、太陽黄経100度の日となっています。

農家にとっては、大事な雑節で、田植えの目安となっています。
夏至の日から半夏生の間に、田植えを行うのが良いとされている地域が多数です。
        
*田植えの適切な時期については、地域により異なります

  ページのトップへ