くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
スーパームーン

月が地球に最接近したときの満月。
     
天文学の用語ではありませんが、一般的に使用されている言葉。
NASAが使ったことから広がったといわれています。
    
普通の満月と比べ、最大で大きさが約14%、明るさが約30%増加します。
 
地球を回る月の軌道が、楕円であるため、満月の大きさや明るさに差が出来ます。
地球に一番近い地点で、満月となったものがスーパームーンです。
 
*スーパームーンは正式な天文学用語で無いため、正式な定義はありません。一般的に言われている説明です
*2019年のスーパームーン(最大の満月)は、2月20日の0時54分頃です(国立天文台)

    ページのトップへ