くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
十日夜(とおかんや、とうかんや)

旧暦10月10日に、東日本を中心にして行われている、月見や収穫祭のこと。

十日夜は、十五夜、十三夜とともに名月の日とされ、月見が行われます。
長野県などでは、田んぼを見守ってくれた「かかし」を庭にとり込み、お供えをし、月見を行ないます。
    
農家にとっては、十五夜、十三夜は秋の農繁期にあたり、ゆっくりと月見をすることも出来ません。
その代わりに、十日夜に月見を行なっています。
      
また、十日夜は、稲の収穫作業(刈り取り、乾燥、脱穀)が終わり、田んぼの神様が山に帰る日とされています。
このため、収穫に感謝し、翌年の豊穣を祈って、十日夜祭りとも呼ばれる、神送りの行事が行われます。
        
今年取れた新米で餅をつき、ぼた餅をお供えすると共に、子供たちが村中をまわり「十日夜の民謡」を唄いながら、わら鉄砲で地面を叩きます。
      
わら鉄砲には、モグラやネズミを追い払うという実用的な面があり、子供たちにはぼた餅やお菓子などが振る舞われます。

現在では、月見以外の十日夜祭りは、十日夜の直前の土日祝日に行われる地域が多くなりました。
新暦の11月10日に祭りを行う地域もあります。

なお、十日夜の行事は、東日本(埼玉、群馬、長野、山梨)を中心に行われていますが、西日本(京都など)でも行なわれているところがあります。

■十日夜の民謡
「とうかんや、とうかんや、イネコノぼたもち、生でもいいから持ってこい」
「とうかんや、とうかんや、大根もほきろ、菜もほきろ」
「とおかんや、とおかんや、とおかんやの藁でっぽう、夕めし食って、ぶっ叩け」
など。
     
*十日夜の民謡は、地域より「とうかんや、とうかんや」のあとの歌詞が異なります。節はほぼ同じです

■十日夜の日時
・2020年…11月24日
・2021年…11月14日
・2022年…11月3日
・2023年…11月22日
・2024年…11月10日



    ページのトップへ