くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
横手のかまくら

毎年2月15日~16日に、秋田県横手市で行われている小正月行事。

400年前から行なわれている、井戸の近くに雪室(かまくら)を作り、水神様をまつる行事です。
      
かまくらの中に入って、正面にまつられている水神様にお賽銭を上げて、家内安全・商売繁盛・五穀豊穣などを祈願します。
     
秋田・横手地方は、良質の井戸が少なかったため、昔から飲料水で苦労しました。
そのため、水神様を大切に祀ったと言われています。
     
雪室の中には、子供たちがいて、はいってたんせ(かまくらに入ってください)、おがんでたんせ(水神様をおがんでください)といいながら、甘酒やおもちをふるまいます。

*近年は、かまくらと同時期に行われる祭り・ぼんでんと合せ、横手の雪まつりと表記されています

<日時>
■毎年2月15日~16日
18時~21時

<場所>
■秋田県横手市
・会場…横手地域局前道路公園(メイン会場)、横手公園、羽黒町武家屋敷通り、二葉町かまくら通り
        
*各会場を巡回する巡回バスが運行されます
*横手駅からメイン会場の横手地域局前までは約600m(徒歩10分)

<ホームページ>
■横手市観光協会HP
  
*参考…横手市・かまくら、秋田県・横手のかまくら

かまくら
画像:©旅々

    ページのトップへ