くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
秋田竿燈まつり

毎年8月3日から8月6日まで、秋田市で開催されている夏祭り。
東北三大祭の一つ。

竿燈(かんとう)は、五穀豊穣を祈る祭りで、竿燈全体を稲穂に、連なる提灯を米俵に見立て、額・腰・肩などにのせ、豊作を祈ります。
        
大若(おおわか、大人用の竿燈)は、提灯が46個、重さが約50kg。
期間中、約250本の竿燈が大通りを埋め尽くし、毎年、約150万人の人出で賑わいます。
     
*東北三大祭…青森ねぶた、秋田竿燈、仙台七夕

<起源・歴史>
いつ始まったのか定かではありませんが、江戸時代には、竿燈まつりの原型となる「ねぶり流し」が行われていたと文献に書かれています。
     
江戸時代のねぶり流しは、長い竿に数多くの灯火を付けて、町を練り歩き、その灯火の行列は三丁(300m強)にも及ぶ、盛況ぶりでした。

元々、ねぶり流しは、真夏の病魔や邪気を払う行事で、古くから秋田市周辺に存在していました。
願い事を短冊に書き、笹竹に飾り、その笹竹を持ち、町を練り歩くというものです。
       
これがお盆の高灯籠などと組み合わされて、秋田独自の祭りに発展したと言われています。

*参考…秋田市・竿燈まつりについて
         
<日時>
■毎年8月3日~8月6日。
18時55分~

<場所>
■秋田県秋田市
秋田県道26号秋田停車場線の竿燈大通りと呼ばれる、二丁目橋交差点~山王十字路。

<ホームページ>
■秋田竿燈まつり公式HP

風景
秋田竿燈まつり:©秋田観光連盟


    ページのトップへ