くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
お水送り

毎年3月2日に、福井県小浜市の神宮寺と鵜の瀬(うのせ)で行われている、奈良・東大寺へお水(香水)を送る神事。
   
毎年3月1日から3月14日まで、奈良市の東大寺・二月堂において、お水取りと呼ばれる修二会(しゅにえ)が行われます。
      
この東大寺・二月堂の修二会では、3月13日の午前1時頃、二月堂にある若狭井と呼ばれる井戸から、本尊に供えられたり、供花の水として用いられたりする、香水をくむ行事(お水取り)が行われます。
     
このお水取りに使われる香水を、若狭から送る神事がお水送りです。
     
毎年3月2日に、小浜市神宮寺で香水を汲み上げ、松明行列とともに約2km離れた、鵜の瀬に運び、送水神事が行われます。
   
なお、送水神事により送られた香水は、10日掛かって、東大寺・二月堂の若狭井に届くとされています。
         
■由来
752年、東大寺・二月堂が建立され、全国から神を招き、修二会が行われました。
このとき、若狭の遠敷明神は漁で忙しかったため、遅刻してしまいました。
        
遠敷明神は遅刻のおわびとして、二月堂の本尊に供える香水を、若狭から送ると約束しました。
この云われに因む神事です。

■開催日時
毎年3月2日
・神事…11時~22時
*お水送りの行事は18時~

■場所
福井県小浜市の神宮寺と鵜の瀬
・JR小浜駅下車、臨時送迎バス乗車

■ホームページ
・若狭おばま観光協会HP
 
*参考…福井県・お水送り、福井県観光協会・お水送り、小浜市・お水送り、東大寺・修二会

お水送り
画像:©福井県観光連盟


    ページのトップへ