くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
曲水の宴(大宰府天満宮)

毎年3月第1日曜日に、大宰府天満宮(福岡県太宰府市)の曲水の庭で行われている、禊祓(みそぎはらえ)の神事。

水の流れのある庭園(曲水の庭)で、参宴者は上流より流れてくる酒盃が、自分の前を過ぎる前に和歌を作り、お酒をいただきます。

古代からの宮中行事で、奈良時代には盛んに行なわれ、平安時代に入ると、貴族の邸宅などでも行われるようになりました。
現在でも、京都(上賀茂神社、城南宮)や大宰府天満宮などで、参宴者が十二単(じゅうにひとえ)などの平安装束をまとい、行われています。

なお、大宰府天満宮の曲水の宴は、958年、大宰大弐の小野好古が始めたとされます。
一時、途絶えましたが、1962年に再興されました。

<日時>
■毎年3月第1日曜日
12時~15時頃。

<場所>
■大宰府天満宮
福岡県太宰府市宰府4-7-1
・西鉄・太宰府駅下車、徒歩5分。

・福岡空港、JR博多駅から約1時間
地下鉄空港線で天神駅下車。西鉄天神駅に移動し、西鉄・天神大牟田線に乗車。二日市駅で下車し、太宰府線に乗り換え、大宰府駅下車。

<ホームページ>
■大宰府天満宮HP

曲水の宴
曲水の宴:©太宰府市

    ページのトップへ