くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
博多祇園山笠

毎年7月1日から7月15日に行われる、福岡市博多区の櫛田神社の例大祭。
正式には、櫛田神社祇園例大祭。

祭りのクライマックスは、15日早朝に行われる、追い山。
山笠(山車)が、博多区の中心街約5キロを駆け抜け、タイムを競います。
           
各町内が競い合い、約5キロのルートを28分~33分で駆け抜けます。
また、元々の山笠である飾り山は、7月1日~14日、市内各所に建てられ公開されています。
       
<見どころ・注意>
・見どころは、15日の朝4時59分から始まる、追い山。
5分おきに追い山がスタートし、「オイサ、オイサ」の掛け声とともに、博多の町を掛け抜けます。
        
スタートは櫛田神社で、東長寺・承天寺を通り、博多の中心部を巡り、ゴールは須崎町。
例年、多数の人出となり、混雑します。
       
見学には、博多のメインストリート・大博通り(博多駅からから西へ伸びる大通り。駅から西へ500m行ったあたりから)がお勧め。
         
・15日の追い山はもちろん、12日の追い山ならし、13日の集団山見せにおいても、交通規制が行われます。
       
・15日の追い山は、早朝に行われるため、同日の地下鉄は、朝3時頃から臨時運行されます。

<歴史>
祭りの起源については多数の説があるが、一般的には、鎌倉時代、疫病が流行したとき行われた、承天寺の住職・聖一国師による「疫病退散祈祷」が発祥とされています。
         
その後、櫛田神社の氏子たちにより、山笠がつくられ、奉納行事が行われるようになりました。
現在では、この山笠がメイン行事となり、氏子たちが1トンを超える山笠を担いで市中を走ります。

江戸時代になると、この山笠の早さを競う、追い山が始まり、祭りがさらに盛り上がりをみせます。
当時の山笠は、高さ10メートル以上もある岩山笠。

明治に入ると、街中に路面電車が開通し、高さのある岩山笠は、路面電車の架線を切断してしまうため、運行できなくなりました。
     
そのため、高い岩山笠は飾っておくだけの「飾り山」となり、運行には高さ3メートル程度の「舁き山」を用いることとなりました。
       
現在は、高さ制限が緩められ、舁き山の高さは4.5メートルとなっています。
    
なお、上川端通の飾り山笠のみが、走る飾り山笠として、追い山ならしや追い山を行っています。

<山笠行事・主な日程>
・7月1日…飾り山笠一般公開
・7月1日…お汐井取り(各流の当番町や役付きのみ)
・7月9日、お汐井取り(全員参加)

・7月10、11日…流舁き(各町内で舁き回りが行われます)
・7月12日…追い山ならし(予行演習)
・7月13日…集団山見せ(福岡市中心部に山笠が乗り入れます)
・7月14日…流舁き
・7月15日…追い山
       
*お汐井取り…石堂橋から箱崎浜へ向かい、筥崎宮を参詣。その後、櫛田神社を参詣します

<場所・アクセス>
■櫛田神社(博多区上川端町1-41)
・地下鉄・祇園駅、または中洲川端駅から徒歩5分。

<公式ホームページ>
■博多祇園山笠

*参考…福岡市・博多祇園山笠、福岡県・博多祇園山笠

風景
飾り山笠:©福岡市


    ページのトップへ