くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
大雪山(紅葉名所)

大雪山は、北海道の中央部に位置する火山群の総称。
一般的には、旭岳連峰を指します。
       
日本一早い紅葉の名所です。
早い年には8月下旬から、遅い年でも9月上旬から、チングルマやナナカマドなどの紅葉を楽しむことができます。
           
山頂から裾野まで、日本を代表する紅葉の名所です。
特に、山頂付近、赤岳・中腹の銀泉台、姿見駅付近、緑岳・中腹、黒岳の7合目~山頂、麓の層雲峡が有名です。
 
なお、例年9月半ばには初冠雪となり、山頂から季節は冬に入ります。
紅葉シーズンは雪が積もることにより、終わりを迎えます。

■大雪山系(旭岳連峰)の山
・旭岳(2291m、北海道の最高峰)
・北鎮岳(2244m)
・白雲岳(2230m)
・愛別岳(2113m)
・北海岳(2149m)
・黒岳(1984m)
・赤岳(2078m)
・緑岳(2019m)
  
■紅葉・見頃時期
・山頂付近…8月下旬~9月上旬
・中腹(銀泉台)…9月中旬~9月下旬
・麓(層雲峡)…9月下旬~10月上旬
     
■過去の見頃時期
・2020年
層雲峡は9月20日頃から色づき始め、10月7日頃から見頃となり、10月20日頃まで見頃が続きました。
   
・2019年
山頂付近は、9月8日から見頃を迎え、9月19日の積雪で終了しました。
赤岳・銀泉台は、9月5日頃から色づき始め、9月15日頃から見頃を迎え、9月26日頃まで見頃が続きました。
     
層雲峡は、9月20日頃から色づき始め、10月2日頃から見頃を迎え、10月13日頃まで見頃が続きました。
   
・2018年
山頂付近は、8月20日頃から色づき始め、9月7日頃から見頃を迎え、9月20日頃まで見頃が続きました。
銀泉台など中腹は、9月7日頃から色づき始めとなり、9月15日から見頃を迎え、9月26日頃まで見頃が続きました。
      
麓の層雲峡は、9月20日頃から色づき始め、9月29日頃に見頃を迎え、10月10日頃まで見頃が続きました。
    
・2017年
山頂付近は、8月17日から色づき始め、9月5日頃から見頃となり、9月半ばまで見頃が続きました。
     
銀泉台など中腹は、9月5日頃から色づき始め、9月11日頃から見頃となり、9月12日頃から見頃ピークを迎え、ピークは9月17日頃まで続き、9月28日頃まで見頃が続きました。
       
層雲峡は、9月25日頃から見頃を迎え、10月7日頃まで見頃が続きました。
               
■場所・アクセス
北海道・中央部(東川町、上川町など)
・銀泉台…層雲峡温泉からバス。
・層雲峡(紅葉谷など)…JR旭川駅または上川駅からバス。上川からは約35分。旭川から約110分。

■ホームページ
・層雲峡観光協会
・層雲峡ビジターセンター
・黒岳ロープウェイ
・旭岳ロープウェイ

風景
山頂下©層雲峡観光協会

風景
層雲峡:©層雲峡観光協会

    ページのトップへ