くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
旧国鉄手宮線跡地

北海道・小樽市にある旧国鉄・手宮線の廃線跡。
     
明治13年、小樽市手宮と札幌の間に造られた幌内鉄道の一部(手宮ー南小樽間)です。
幌内鉄道は、新橋-横浜間、神戸-京都間に次ぐ、日本で3番目に古い鉄道です。
    
石炭を運ぶために造られた鉄道で、小樽黄金時代を支えました。
       
その後、国鉄の線路となり、1985年、廃線になりました。
現在、この廃線跡の一部500mが、オープンスペース(散策路や広場)になっています。
     
冬のライトアップイベント・小樽雪あかりの路のメイン会場にもなっています

    ページのトップへ