くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
さっぽろ雪まつり

毎年2月に、札幌市の3会場(大通会場、つどーむ会場、すすきの会場)で行われている雪祭り。
多数の雪像、氷象が作られ、来場者は例年200万人を超えます。
      
日本を代表する雪祭りであるとともに、世界的にも有名です。
2018年で69回目。
     
*2018年は、大通会場、すすきの会場が2018年2月5日~2月12日、 つどーむ会場は2018年2月1日~2月12日の日程で開催予定

<大通会場(メイン会場)>
■大通公園西1丁目~西12丁目
・地下鉄・大通駅下車すぐ。
   
札幌のど真ん中を東西に横切る通り。
約1.5キロメートルの区間に、巨大な雪像が作られます。
       
期間中、終日見学できる。
なお、ライトアップは22時まで、です

<つどーむ会場>
■札幌市東区栄町・札幌コミュニティドーム
・地下鉄東豊線・栄町駅より徒歩15分。
*期間中、市内各所からシャトルバスが運行されます
         
屋内スペースのため、大規模な休憩所や飲食ブース、お子さんが遊べるファミリー広場などが設置されています。
開催時間は9時~17時。
       
*一般車両用の駐車場はありません。会場へは公共交通機関やシャトルバスで。

<すすきの会場>
■駅前通り・南4条通りから南7条通り
・地下鉄南北線・すすきの駅下車すぐ。
     
駅前通りに、氷像が展示されています。
期間中、終日見学できます。
ライトアップは23時まで。
*最終日は22時まで

<ホームページ>
■さっぽろ雪まつり公式サイト

雪像
画像提供:札幌市


    ページのトップへ