くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
五山送り火

毎年8月16日に、京都市で行われる送り火。
     
20時から、京都市の北側の山々に設けられた火床に、順次、点火され、文字や形が浮かび上がる。
約30分程度で燃え尽きます。

冥府に帰る精霊を送るという、お盆行事(仏教行事)であるとともに、京都の夏の風物詩。
もっとも有名な「大」の文字から、大文字焼きとも呼ばれている。
         
なお、大文字焼きは全国各地で行われており、他と区別するため、最近では五山送り火という言い方が一般的になっています。

古くから行なわれているが、その起源は定かではない。
起源については、平安時代から江戸時代まで諸説があります。
       
江戸時代には、京都を囲む山々で多数、送り火が行われたが、その後、種々の事情により減少し、昭和初期には、現在の5山だけとなった。

<五山と文字・形>
・左京区・如意ヶ岳の「大」。
      
・左京区松ヶ崎・西山、東山の「妙」と「法」。
       
・北区西賀茂・船山の「舟形」。
       
・北区・大北山の左大文字の「大」。
         
・右京区嵯峨鳥居本・曼陀羅山の「鳥居形」。



    ページのトップへ