くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
八朔(はっさく)

八月朔日の略で、旧暦の8月1日のこと。
あるいは、この8月1日に行われる風習を指します。

後者は元々、古くからある農家の風習。
早生の稲が実りをむかえる八朔(旧暦の8月1日)に、初穂を日頃お世話になっている人に贈る風習です。

この風習が、時代が進むと、農家以外にも広がりました。
京都の花街では、芸妓や舞妓が、お茶屋や芸事の師匠宅へあいさつ回りする伝統行事になりました。
     
現在では新暦の8月1日に行われており、猛烈な暑さの中、黒紋付の正装姿の芸妓や舞妓が涼しい顔で祇園界隈を歩く姿は、京都の夏の風物詩となっています。
     
*見学は8月1日の午前中、四条花見小路あたりがお勧めです
*京都の花街では、師走にも事始めと呼ばれる、あいさつ回りが行われます


    ページのトップへ