くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
まねき上げ(南座)

毎年11月25日(または26日)、京都・南座において、歌舞伎公演・吉例顔見世興行に出演する役者名を書いた、まねき(招き看板)を劇場正面に掲げる行事。
     
南座(京都市東山区)は、京都一の繁華街・四条通に面しており、多くの人々が劇場の前を通ります。
  
市民は、勘亭流で書かれた「まねき」と呼ばれる木の看板を見ることにより、年の瀬が近いことを感じます。
   
京都における年末の風物詩です。
       
まねきは、長さ180センチ、幅30センチのヒノキ板で、勘亭流(かんていりゅう)という丸みを帯びた太文字で、板いっぱい(隙間が無いよう)に書かれます。
      
板いっぱいに書くのは、「客席に空きがないように」との願いが込められています。
     
まねき上げは前日から行われ、25日の朝に完成します。完成後は清めの儀式を行い、興行の成功を祈ります。
        
なお、完成直後の清めの儀式を「まねき上げ」と呼ぶ説もあります。
      
また、まねき上げ自体は他の劇場(御園座など)でも行われていますが、京都・南座がもっとも有名で、一般的に「まねき上げ」といえば、南座で行われるものを指しています。
     
■吉例顔見世興行
毎年12月、京都・南座において行われる歌舞伎興行。
      
江戸時代、役者の雇用契約は、11月から翌年10月までの1年間。そのため、毎年11月に役者の顔ぶれが入れ替わりました。
     
入れ替わった新しい一座を観客にみせるのが、顔見世興行です。

現在もこの名残りで、11月以降、最初に行われる歌舞伎興行が、顔見世興行と呼ばれています。
    
■開催日時
・毎年11月25日朝9時頃から(まねき上げの儀式など)

*まねき上げ自体は、前日から夜通し行われます
*25日が日曜日の場合は、翌26日になります
    
■場所・アクセス
京都・南座(京都市東山区)
・京阪電車・祇園四条駅下車すぐ。
・阪急電鉄・河原町駅から徒歩3分。
    
■ホームページ
■歌舞伎公式サイト
  
*参考…京都南座・まねき上げ、吉例顔見世興行

京都・南座
京都・南座


    ページのトップへ