くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
観月の夕べ(大沢池)

毎年、中秋の名月を含む3日間、京都市右京区の大覚寺境内にある大沢池で行われている観月会。

大沢池は、日本最古の庭池です。
奈良の猿沢の池、滋賀の石山寺とともに、平安時代から日本三大名月観賞地として知られています。

大沢池の観月会は、平安時代に嵯峨天皇が中秋の名月に舟を浮かべ、文化人、貴族たちと遊ばれたことから始まりました。
          
現在も、大沢池に龍頭鷁首舟(龍の頭、アオサギの首を船首に着けている)を浮かべ、観月を行っています。
また、境内ではステージイベントが行われ、お茶席が設けられます。
    
なお、荒天の場合は、中止となります。

■注意
・一般の方も龍頭鷁首舟への乗船(有料:千円)が出来、人気となっています。
乗船を希望される方は当日、早めの舟券購入を。
舟券は、当日の15時頃から販売されますが、17時過ぎには売り切れることが多数です。
 
      ・舟券は、17時台、18時台、19時台、20時台から選べますが、19時台が人気です。
18時過ぎまでは明るいため、暗くなり、池に満月がキレイに映る19時以降が人気となっています。
なお、舟は池を回って戻ってきます(約20分)。
 
・観月の夕べは17時から始まりますが、当日は日中参拝(9時~17時)も通常どおり行われており、そのまま「観月の夕べ」に移行します。観月のため、午後から訪れている方も多数です。
      
・雨や荒天により、舟やステージイベントが中止となったことが、過去に多数あります。
観月の夕べは3日間行なわれますが、そのうち「必ず1日は雨で中止になる」といわれた程です。
  
中秋の名月の頃は、秋雨前線や台風シーズンにあたるためです。
観月を予定される方は、天気予報に十分ご注意を。
 
2018年は、台風21号による被害(倒木など)のため、観月の夕べがすべて中止となりました。
 
・駐車場はありますが、数が限られています。また、中秋の名月時は、京都市内各所で観月祭が開催され、特に観月名所として有名な嵐山(渡月橋)へ訪れる方も多く、道路が渋滞します。電車の利用をお勧めします。
  
・電車で訪れる場合、京都駅からJR嵯峨野線(山陰本線)に乗車、嵯峨嵐山駅に下車(約16分の乗車)となりますが、その後、大覚寺まで約15分間歩くことになります。
 
京都駅からはバス(京都バス、市バス)も出ています。こちらは大覚寺前がバス停となっているため、下車後はすぐに着きますが、バスは時間が掛かり(京都駅から約55分の乗車)、また、渋滞に巻き込まれる可能性や多数の乗客で混雑する可能性があります。

■日時
・中秋の名月と前後(3日間)
17時~20時30分
*2019年は9月13日~15日
    
*当日は、日中の参拝(9時〜17時:受付終了は16時30分)も通常通り行っています、日中参拝者の方は、そのまま観月の夕べへ参加することができます。

■場所・アクセス
京都市右京区嵯峨大沢町(大覚寺境内)
・京都駅からJR嵯峨野線に乗車(約16分)、嵯峨嵐山駅下車、徒歩約15分。
     
・京都駅から市バスまたは京都バスに乗車(約55分)、大覚寺下車すぐ。
      
■拝観料
・拝観料…大人500円、小人300円
*乗船は別途有料。舟券の販売は当日、勅使門前舟券売場にて(1000円)
*茶席も有料

■ホームページ
・大覚寺HP



    ページのトップへ