くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
大阪クラシック

毎年9月の1週間、大阪市の中心部で開催されるクラシック音楽の祭典。
        
大阪フィルハーモニー交響楽団の桂冠指揮者・大植英次氏のプロデュースにより開催されているクラシック音楽祭で、大阪市のメインストリート・御堂筋周辺のカフェやビジネスビルのロビー、音楽ホールなどを会場として、多数の演奏会が行われる。
      
2019年で14回目。
主催は、大阪クラシック実行委員会。
        
2006年、大植英次氏が、クラシック音楽に気軽に触れ合ってもらうことを目的に、大阪市のメインストリート・御堂筋周辺のカフェやビジネスビルのロビー、音楽ホールなどを会場として、演奏会を開くことを立案。
      
大阪フィルハーモニーと大阪市の共催で始まり、大阪フィルハーモニーのメンバーが、9月上旬の1週間で50回の演奏会を行ないました。
      
現在は、他の楽団のメンバーも加わり、大阪における音楽祭となっています。
        
*2019年も、大阪フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、大阪交響楽団、日本センチュリー交響楽団、Osaka Shion Wind Orchestraのメンバーが、有料公演と無料公演の演奏会を行なう予定です

■開催日時
・毎年9月の1週間
*2019年は9月8日~14日に開催されます

■開催場所
・大阪市中心部
御堂筋(梅田~なんば)周辺のカフェ、ビジネスビルのロビー、音楽ホールなど

■ホームページ
・大阪クラシック
 
*参考…大阪市・大阪クラシック、大阪フィルハーモニー交響楽団・大阪クラシック



    ページのトップへ