くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
天神祭(大阪天満宮)

毎年夏に行われている、菅原道真を祀る大阪天満宮(大阪市北区)のお祭り。

千年以上続くお祭りで、日本三大祭、大阪三大夏祭りの一つ。
6月末から神事が行われますが、7月24日の宵宮、25日の本宮がクライマックス。

宵宮には鉾流神事、催太鼓、獅子舞氏地巡行が行われ、本宮には神霊移御、陸渡御、船渡御、奉納花火が行われます。
       
また、7月23日には、天満宮の地元、天神橋筋商店街により、天神祭ギャルみこしが行われます。
なお、7月25日は、菅原道真の命日です。
        
<注意>
・天神祭は、大変な混雑となります。
特に、船渡御や奉納花火の見物場所となる、JR桜ノ宮駅周辺や京阪・天満橋駅周辺(両駅の間にある毛馬桜ノ宮公園)が混雑します。
   
外国人観光客の増加もあり、年々、混雑がひどくなっており、一旦、人混みに入ると出るのも大変です。小さなお子様を連れての見学はお勧めしません。
       
*地元・大阪では、天神祭は見に行く祭りでは無く、テレビで観る祭りといわれています
           
<陸渡御>
催し太鼓を先頭に、陸渡御列が天満宮の氏地を練り歩きます。

<船渡御>
菅原道真公の御神霊を祀る御鳳輦船(ゴホウレンセン)を中心に、100隻を超える船が、大川を行きかいます。

<場所>
■大阪天満宮
大阪市北区天神橋2-1-8

・地下鉄・南森町駅下車、徒歩5分。
・JR東西線・大阪天満宮駅下車、徒歩5分。



    ページのトップへ