くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
松涛園(しょうとうえん)一般公開

毎年行われている、池上本門寺・旧本坊の奥庭・松濤園の一般公開。
   
松濤園は、江戸時代初期、小堀遠州によって造られた約13000平方メートルの池泉回遊式庭園。
東京都の指定旧跡です。
     
明治維新において、歴史的な舞台となったことでも知られています。
        
1868年(明治元年)の4月、西郷隆盛と勝海舟が、江戸城明け渡しのための会見を行なった場所(松濤園のあずまや)です。
当時、本門寺に新政府軍の本陣がおかれていました。
     
普段は非公開となっていますが、期間限定(5月と9月)で公開されています。
入場料は無料です。
      
*池上本門寺…東京都大田区池上にある日蓮宗の大本山
     
■公開日時
・毎年5月と9月(それぞれ4日~5日程度)
10時~15時
*2019年の5月は、4日~8日に一般公開が行われます
    
■場所・アクセス
池上本門寺(東京都大田区池上1-2-1)
・東急池上線・池上駅下車、徒歩10分
・都営浅草線・西馬込駅下車、徒歩12分
         
*入園受付は、池上本門寺の朗峰会館で行なっています

■ホームページ
・池上本門寺HP



    ページのトップへ