くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
目黒のさんま祭り

毎年9月に東京で行われる、落語・目黒のさんまに因むイベント。
無料で焼きあがったさんまが振る舞われます。
      
目黒のさんま祭りには、目黒駅前商店街(東京都品川区)が行うものと、目黒区が行うものの、2つの祭りがあります。
   
目黒駅前商店街が行う目黒のさんま祭りは、9月上旬に行われ、岩手県宮古市が提供するさんまが、無料で振る舞われます。
       
目黒区で行われる目黒のさんま祭は、9月後半に行われる「目黒区民まつり」のイベントのひとつとして行われ、宮城県気仙沼産のさんまが無料で振る舞われます。

<目黒のさんま祭り(目黒駅前商店街)>
毎年9月上旬の日曜日に、東京都品川区の目黒駅前商店街が開催するイベント。
会場は誕生八幡神社。
       
岩手県宮古市から提供された7千匹のさんまを備長炭で焼き上げ、すだちと大根おろしが掛けられ、無料で振る舞われる(10時~14時)。
       
また、落語の寄席や物産展のほか、くじ引き抽選会やワゴンセールも行われ、終日、多数の人出となる。
2019年で24回目。
   
■場所・アクセス
東京都品川区・誕生八幡神社界隈・目黒通り沿い周辺
・JR、地下鉄・目黒駅東口下車、徒歩1分

<目黒のさんま祭(目黒区)>
毎年9月後半の日曜日に、東京都目黒区の田道広場公園で開催される、目黒のさんま祭。
現在は目黒区民まつりのイベントの一つとして開催され、宮城県気仙沼産のさんま5千匹が無料で振る舞われます。
(10時~15時30分)
       
なお、大根おろしは宮城県産、大分県臼杵産のかぼすが使用されています。
    
■場所・アクセス
東京都目黒区目黒1-25-8 ・田道広場公園
・JR、東急目黒線・目黒駅下車、徒歩9分

<注意>
・2つのイベントともに大人気となっており、当日は多数の人出となります。
     
・振る舞われるさんまの前には長い行列が出来、場合によっては3時間~5時間並ぶことになります。
       
・さんまの数に限りがあるため、さんまを食したい場合にはお早めに。
(例年、午後の早い時間に終了となっています)
      
・晴れると、この時期の東京は真夏。場合によっては猛暑日になることも。熱中症対策をお忘れ無く。

【目黒のさんま祭り・目次】
・目黒駅前商店街のさんま祭り
・目黒区のさんま祭
・注意



    ページのトップへ