くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
とんど焼き

毎年1月15日を中心に行なわれている、小正月の火祭り。
     
正月のしめ縄や飾り付け、古い御札、お守りなどを燃やすことにより、前年の災厄払い、無病息災、商売繁盛、五穀豊穣などを祈願します。
       
どんど焼き、左義長などとも呼ばれ、地域により名称は異なりますが、全国各地で行われている行事です。

平安時代から宮中で行われた行事で、その後、全国各地に広まり、現在は地域や神社が主体となって行われています。
1月7日から16日までの間で行われますが、小正月の1月15日にピークを迎えます。
       
民俗学的には、門松や注連飾りによって出迎えた歳神を見送る・送り火と見られています。
お盆に行われる送り火に近い風習です。
   
なお、最近の傾向しては、地域が主体となって行われているところでは、住民が参加しやすい、土日祝日に行うところが増えています。

風景
    ページのトップへ