くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
おわら風の盆

毎年9月1日から3日に、富山県富山市八尾(やつお)地域で行われている祭り。

越中おわら節の哀調を帯びた旋律にのって、踊り手たちが、情緒のある八尾の町を練り歩きます。
例年、この3日間に30万人の観光客が訪れます。

おわら風の盆は、風を鎮めるための踊りとされ、300年の歴史を持ち、旧町と呼ばれる11の地区で行われています。
    
また、2日、3日、4日の朝には、越中八尾駅のホームで、始発電車を見送る「見送りおわら」が行われます。
8月20日から8月31日までは、前夜祭が行われます。

■見どころ・注意
・風情のある街並みで、おわら節の哀調を帯びた旋律にのって、艶やかで優雅な女踊り、勇壮な男踊りが繰り広げられます
     
中でも、諏訪町本通り(駅から徒歩約30分)は、美しい石畳と江戸時代からの家屋が並ぶ情緒のある町並みで、「日本の道100選」にも選ばれています。
  
おわらが行なわれていなくても、十分、観光が満喫できる場所です。
この風情のある通りが、ぼんぼりの灯りで幻想的な光景となります。
      
・雨になった場合、踊りは中止となります。
・大変な人気となっているため、地元のホテルや宿は1年前に予約する必要があります。
      
・駐車場(富山市八尾スポーツアリーナ駐車場、八尾ゆめの森テニスコート駐車場)はありますが、満車となることが予想されます。公共交通機関(JRまたは路線バス)のご利用を。

■前夜祭
8月20日~8月30日に、前夜祭が行われます。
   
毎晩(20時~22時)、1町内が輪踊りや町流しなどを行います。
なお、雨になると、中断されます。

■見送りおわら
・2日、3日、4日の早朝、越中八尾駅のホームで踊り、始発電車を見送る「見送りおわら」が行われます。
  
元々、9月4日朝にのみ行なわれていましたが、その後、9月2日、3日にも行われるようになりました。
   
また、多数の観光客が詰めかけるようになり、ホームでは無く、駅前で行われたこともありましたが、現在では、2日、3日、4日の早朝、越中八尾駅のホームで、始発(富山行と猪谷行)に合わせ、行われています。
      
踊りは、駅にもっとも近い福島地区が行なっています。
       
なお、安全確保のため、見送りおわらの時間帯は、入場券での駅構内入場はできません。
さらに、始発電車に乗車できる乗客数も制限されます。
     
このため、見学は電車に乗車するか、駅の外からホームを眺めることになります。
     
■開催日時
毎年9月1日~3日
・1日、2日…15時~17時、19時~23時。
・3日…19時~翌朝まで。
*2020年は新型肺炎感染防止のため、中止となりました

■場所・アクセス
富山市八尾町(旧町と呼ばれる11の地区)
・JR高山本線・越中八尾駅下車、徒歩16分~40分。
      
*富山駅から越中八尾駅までは、JR高山線で25分
*中心となるのは、八尾曳山展示館~祐教寺で、駅から約2キロ(徒歩約30分)。
*旧町の11地区…東新町、西新町、諏訪町、上新町、鏡町、東町、西町、今町、下新町、天満町、福島

■ホームページ
・越中八尾・おわら風の盆
  
*参考…おわら風の盆行事運営委員会・おわら風の盆、富山市・おわら風の盆

おわら風の盆
画像:©富山県観光連盟

おわら風の盆
画像:©富山県観光連盟

    ページのトップへ