くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
吉田の火祭(よしだのひまつり)

毎年8月26日、27日に、山梨県富士吉田市上吉田(かみよしだ)地区で行われる祭り。
     
北口本宮冨士浅間神社と、その境内社(摂社)である諏訪神社、両社の例大祭。
日本三奇祭の一つ。

特に、26日の夕暮れから行われる火祭りが有名で、このため、吉田の火祭と呼ばれるようになった。
     
上吉田地区の金鳥居(かなどりい)から北口本宮冨士浅間神社までの約1キロの本町通りで、高さ約3メートルの大松明70本余りが燃やされる。

また、各家ごと井桁に積まれた松明が燃やされ、さらに吉田口登山道に沿った富士山の山小屋でも、一斉に松明が焚かれる。
上吉田の町は、火の海と化し、深夜まで賑わう。

<日時>
■毎年8月26日、27日
*大松明の点火は、26日の18時40分頃から

<場所>
■山梨県富士吉田市上吉田
・富士急行・富士山駅から徒歩5分。

<ホームページ>
■吉田の火祭

*参考…ふじよしだ観光振興サービス・吉田の火祭

吉田の火祭
吉田の火祭:©山梨観光推進機構

    ページのトップへ