くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
桃の節句

3月3日。
江戸時代の祝日「五節句」のひとつで、ひな祭りを行い、女の子のすこやかな成長を祈る日。
      
元々は、古代中国の上巳(じょうし)という節目に由来し、旧暦の3月3日(新暦では4月上旬前後)で、桃の花が見頃となる時期であるため、こう呼ばれるようになった。
      
*上巳(じょうし)…古代中国の節目。元々は3月上旬の巳の日(十二干支のひとつ)であったが、その後、3月3日に固定された。季節の節目にあたり、古代から邪気払いの儀式が行われた。この上巳の節句の考えが日本に入り、日本にあった祓いの風習と結びつき、ひな祭りの原型・流し雛(雛に穢れを移し、川に流す神事)が始まったとされる。
           
<ひな祭り>
女子のすこやかな成長を祈る「桃の節句」の祭り。
ひな人形を飾り、桃の花を飾って、白酒や寿司などの飲食を楽しむ。
     
起源についてはいろんな説がある(どれが正しいかは不明)が、平安時代には京都で行われていた。
江戸時代に入ると、全国に広がるとともに、現在の形のひな祭りに。
(平安時代から行われていた「雛遊び」と、上巳に行われていた「流し雛」行事が融合し、江戸時代に、現在の形のひな祭りになったというのが多数説)
      
元々は、旧暦の3月3日のお祭り。
明治時代の改暦以降、新暦の3月3日に行う地域、月遅れ(4月3日)に行う地域、旧暦の3月3日に行う地域に分かれる。


    ページのトップへ