くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
正月事納め

毎年1月8日。
正月行事を終え、門松(かどまつ)や注連飾り(しめなわかざり)などを納めること。
  
前年の事始め(12月13日)から、正月を迎えるための準備を行い、注連飾りや門松、鏡餅を飾り、正月に年神さまをお迎えします。
     
多くの地域では、正月は1月1日から1月7日までで、8日に正月飾りを納めます(片付けます)。
     
なお、納められた正月飾りは、1月15日を中心に行なわれている、小正月の火祭り・とんど焼きで焼かれます。
 
■正月の期間
正月の期間は、地域より異なります。
大きく、1月1日から7日までとする地域、1月1日から15日までとする地域、1月1日から20日までとする地域の3つに分かれます。
     
現在では、1月7日までとする地域が多く、そのため、一般的に1月8日が「正月事納め」の日とされています。
 
また、これ以外に、正月(旧暦1月の別名)の意味の通り、新暦の1月(1ヵ月)としている地域や、1月1日~3日までの「三が日」としているところもあります。
 
時代とともに正月の期間は短くなってきており、最近では「正月=三が日」と考える人も多くなっています。
風景

    ページのトップへ