くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
函館大火

1934年(昭和9年)3月21日に、北海道函館市で発生した火災。
  
同日は、発達中の低気圧が北海道を通過中で、函館市内では強風が吹き荒れていました。
このため、21日の18時53分頃に発生した火事は、強風にあおられ、燃え広がりました。
   
最終的には、函館市街地の3分の1が焼失し、死者が2166名、焼損棟数が1万1105棟となる甚大な被害になりました。
  
なお、毎年8月1日~5日に開催されている市民祭り・函館港まつりは、この函館大火からの復興祈念として始まったものです。
   
*函館では、この1934年の大火以前にも、度々、大火が発生していますが、単に函館大火と言った場合、もっとも甚大な被害となった1934年の大火を指しています
     
*被害状況は函館市発表
*参考…函館市:函館大火
シークザジパング
    ページのトップへ