くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
函館港まつり

毎年8月1日~5日、北海道・函館市で開催される市民祭り。市内一円が多彩なイベントで賑わう函館最大のイベントです。主催は函館港まつり実行委員会。

1935年、前年に起った大火からの復興祈念と、函館開港77年を記念して開催され、万灯行列、大名行列、花電車運転、函館港おどりなどが行われました。以降、今日まで続いています。

見どころは、約2万人の市民が函館港おどりなどを踊りながら、街を練り歩くパレード・ワッショイはこだて。2日と3日の夕刻から行われ、神輿やきらびやかに装飾された山車もパレードに参加します。
     
*1934年の大火では、函館市街地の3分の1が焼き尽くされ、死者は2166名、被災者は10万人を超えました
    


函館開港
 
1858年、江戸幕府はアメリカ、イギリス、フランス、ロシア、オランダの5ヵ国と、自由貿易を行うための友好通商条約を締結。条約締結を受け、1859年7月1日(安政6年6月2日)、函館、横浜、長崎が開港しました。
   
この1859年7月1日に因み、函館市では7月1日を開港記念日としています


   
開催日時
 
 8月1日~5日

*2022年は武漢肺炎の影響で縮小開催(8月1日〜4日)。ワッショイはこだては2日のみ行われます


   
場所
 
 函館市内中心部



ホームページ
 
  函館港まつり
   

風景
函館:©函館市


    ページのトップへ