くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
香嵐渓(紅葉名所)

愛知県豊田市足助町飯盛山の巴川沿いの渓谷。
東海地区を代表する紅葉の名所となっています。
   
江戸時代の初め、地元の香積寺の住職が、もみじを植えたのが始まりといわれています。
大正時代に入ると、地元住民も紅葉の植樹を行い、全国的な名所となりました。
       
現在では、約4千本のもみじが色づき、香積寺まで続く参道は、もみじのトンネルとなります。
    
毎年11月1日から11末まで、香嵐渓もみじまつりが開催され、期間中、ライトアップ(日没~21時)も行われます。
    
■見どころ・注意
・東海地区を代表する紅葉名所です。
東海地区の紅葉名所といえば、この香嵐渓が一番最初に名前が上がります。
規模、かえでの色合い(発色)も素晴らしい名所です。
   
・紅葉シーズンは大変な混雑となります。
鉄道が近くに無いため、バスや自動車で訪れることになります。
このため、土日を中心に周辺道路も渋滞します。
     
■見頃時期
・平年の見頃は11月中旬
*最新の見頃情報は「紅葉見頃情報」へ
     
■過去の見頃時期
・2019年(5日遅い)
11月1日頃から色づき始め、11月17日頃から見頃を迎え、11月21日からピークとなり、11月28日頃までピークが続き、12月3日頃まで見頃が続きました。
      
・2018年(平年並)
10月28日頃から色づき始め、11月12日頃に見頃(色づき5分)となり、11月15日からピークを迎えました。
ピークは11月25日頃まで続き、見頃は11月末まで続きました。
       
・2017年(平年並)
10月24日頃から色づき始め、11月10日に見頃(5分の色づき)を迎え、11月15日に見頃のピークとなりました。
ピークは11月25日頃まで続き、見頃は12月初めまで続きました。

・2016年(平年並)
10月23日頃から色づき始め、11月11日に見頃(5分の色づき)となりました。
11月15日頃から見頃ピークとなり、見頃は11月下旬まで続きました。
    
・2015年(少し遅い)
10月18日頃から色づきが始まり、11月13日頃から見頃を迎え、その後、気温高めのため、12月10日頃まで見頃が続きました。
 
*2015年は、全国的に11月の気温が異常に高く、長く見頃が続きましたが、全国的に紅葉の色具合が良くない年となりました
     
■場所・アクセス
愛知県豊田市足助町
・名鉄名古屋本線・東岡崎駅から足助行きバスに乗車、香嵐渓下車(約70分)。
・名鉄豊田線・浄水駅からバス(約60分)。
         
■ホームページ
・足助観光協会
香嵐渓
©写楽
香嵐渓
©写楽
    ページのトップへ