くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
春の高山祭

毎年4月14日と15日に行なわれている、旧高山城下町・南半分の氏神様である日枝神社(岐阜県高山市)の例祭。

一般的には春の高山祭、あるいは山王祭と呼ばれています。また、毎年10月9日~10日に行われている櫻山八幡宮・例祭(秋の高山祭)と合わせ、単に高山祭とも呼ばれています。
      
高山祭は16世紀後半~17世紀に始まったとされ、豪華絢爛な屋台(国の重要有形民俗文化財)で有名です。春の高山祭では、安川通りの南側・上町に12台の屋台が登場します。そのうち3台が「からくり屋台」です。

御巡幸に、屋台が町を巡る「曳き廻し」や「屋台曳き揃え」、三番叟・石橋台・龍神台による「からくり奉納」、14日の「夜祭」など伝統的な祭行事が行われます。国の重要無形民俗文化財です。
   


見どころ・注意
   
▮ 豪華絢爛な屋台と町並み

豪華絢爛な屋台はもちろんですが、江戸時代以来の建築物が多数残り、飛騨の小京都ともいわれる町並みです。この古き良き町並みに祭りが組み合わされ、日本を代表する祭りとなっています。
   
▮ 幻想的な夜祭

幻想的な夜祭(よまつり)は一見の価値があります。高山祭のハイライトです。また、桜の見頃時期に重なると、最高の景観になります。
     
▮ 混雑します

年々、人気が高まり、大変な混雑となります。期間中のホテルは半年前には予約で埋まっている状況です。
     
▮ 雨のため2年に1度は中止

春の高山祭は2年に1度の割合で、雨のため行事が中止となっています。春の開催時期が季節の変わり目にあたり、雨となることが多く、雨の場合、行事は中止となります。
    
*中止かどうかの判断はホームページ(下記)などで発表されます。なお、秋の高山祭は好天になることが多く、中止となることはまれです


   
行事と日時
   
▮ 御巡幸

神輿を中心に獅闘鶏楽(とうけいらく)、裃姿(かみしもすがた)の警固など、伝統の衣装に身をつつんだ総勢数百名の大行列が町を巡ります。14日は13時に日枝神社を出発、16時頃にお旅所に到着します。15日は12時30分にお旅所を出発、16時頃に日枝神社に到着します。

▮ からくり奉納

お旅所前で、三番叟・石橋台・龍神台によるからくり奉納が披露されます。14日は11時頃からと、15時頃から。15日は10時頃からと、14時頃から。

▮ 屋台曳き揃え

神楽台・三番叟・石橋台・龍神台は、お旅所前広場に曳き揃えます。それ以外の屋台は、14日は神明町通りに、15日は本町一丁目とさんまち通りに曳き揃えます。
*14日、15日とも9時頃~16時頃

▮ 夜祭(よまつり)

14日の18時から、それぞれ100個もの提灯を灯した屋台が町を巡ります。町を巡った後は、伝統の曳き別れ歌「高い山」を歌いながら、各屋台蔵へと帰っていきます。巡行ルートは、上川原町をスタートし、中橋、神明町、上一之町、安川通り、鍛冶橋、本町、中橋公園へ。
   

    
場所・アクセス
   
岐阜県高山市の安川通りの南側・上町(旧高山城下町の南側)
・JR高山駅から東へ徒歩10分


   
ホームページ
   
 高山市公式観光サイト「飛騨高山」
         
*参考…高山市役所観光課・高山祭


風景
春の高山:©高山市

風景
春の高山:©高山市

    ページのトップへ