くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
瑞宝寺公園(紅葉名所)

有馬温泉の南東部にある神戸市の公園。
古くから紅葉の名所として有名で、約3.9haの公園が、11月には2千5百本のカエデが赤く色づきます。
       
元々、ここには瑞宝寺という寺院があり、安土桃山時代には太閤秀吉が度々ここを訪れ、茶会を催すとともに紅葉狩りを行ないました。
     
瑞宝寺は明治時代に廃寺になり、その後、神戸市の公園となりました。
なお、廃寺となりましたが、山門と太閤秀吉が愛用した石の碁盤は公園内に残されています。
        
また、太閤時代を偲び、毎年11月初めに、有馬大茶会が開催されています。
     
■見どころ・注意
・関西を代表する紅葉名所です。
カエデの発色(色合い)が素晴らしく、毎年、安定して色づきます。俗に「はずれ年が少ない」名所です。
 
カエデの葉が緑色→黄緑→朱色→紅葉色→濃い赤と変化していき、落葉します。特にいい年は輝くような色合いになります。

シーズンの終盤になると、公園内が落葉した葉で、「赤い絨毯」が敷かれた状態になります。
     
黄緑と朱色の葉が混じった色づき初期から、紅葉色となった最盛期、赤い絨毯ができた終盤まで、趣きの異なった見頃が続きます。
   
・SNS映えする名所です。
山門(旧瑞宝寺山門)と、色づいた紅葉の組み合わせは、俗にSNS映えする光景となります。
      
山門は伏見桃山城より移築した情緒のある建物。
これに、発色のすばらしいカエデが上部から、あるいは門の向こう側に広がり、最高の画像が撮れます。
   
・公園の場所により、見頃時期が異なります。
例年、公園の中央部の色づきが早く、周辺部(山門付近など)が青葉や色づき始めの状況の中、見頃を迎えます。
   
その後、周辺部が見頃となった頃には、中央部はすでに落葉している年もあります。
    
・駐車場は限られます。
有馬温泉は、六甲山の中腹(標高400m前後)に位置する温泉地で、駐車場はありますが、限られます。
混雑する紅葉シーズンは、公共交通機関の利用をお推めします。
     
■見頃時期
・11月上旬~中旬(平年)
11月中旬に見頃ピークを迎える年が多数。
*最新の見頃情報は「紅葉見頃情報」へ
     
■過去の見頃時期
・2019年(平年より遅い)
10月25日頃から色づき始め、11月11日から見頃を迎え、11月16日頃からピークとなり、ピークは11月23日頃まで続き、見頃は11月末まで続きました。
   
・2018年(平年より遅い)
10月20日頃から色づき始めとなり、11月6日頃に見頃(5分)を迎え、11月13日頃から見頃ピークとなりました。
ピークは11月18日頃まで続き、見頃は11月25日頃まで続きました。
   
・2017年(ほぼ平年並)
10月半ばから色づき始め、11月6日に見頃を迎え、11月9日からピークを迎えました。
ピークは11月17日頃まで続き、見頃は20日過ぎまで続きました。

・2016年(ほぼ平年並)
10月22日頃から色づき始め、11月10日頃、見頃を迎え、11月13日頃にピークを迎えました。
ピークは11月17日頃まで続き、見頃は11月20日頃まで続きました。
    
・2015年(ほぼ平年並)
10月半ばから色づき始め、11月7日頃に見頃を迎え、11月10日頃から見頃のピークとなりました。
ピークは11月15日頃まで続き、20日頃に見頃終わりとなりました。
11月に雨の日が多く、見頃のピークの期間が短い年となりました。
   
■場所・アクセス
神戸市北区有馬町500番地
・大阪駅→三ノ宮駅→神戸市営地下鉄・谷上駅→神戸電鉄・有馬口駅→神戸電鉄有馬線・有馬温泉駅
・阪急・阪神梅田駅→神戸高速鉄道・新開地駅→神戸市営地下鉄・谷上駅→神戸電鉄・有馬口駅→神戸電鉄有馬線・有馬温泉駅
   
*有馬温泉駅から瑞宝寺公園までは、南東へ徒歩20分。
*大阪駅(新大阪駅経由)、宝塚駅、三宮駅から有馬温泉行きのバスも出ています
         
■ホームページ
・有馬温泉観光協会
風景
©一般財団法人神戸観光局
風景
有馬温泉・太閤橋
    ページのトップへ