くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
水戸梅まつり

毎年2月から3月にかけて、茨城県水戸市の偕楽園、弘道館で行われている梅まつり。
2021年で125回目。

偕楽園は、金沢の兼六園、岡山の後楽園とともに日本三名園のひとつ。
     
江戸時代、水戸藩第9代藩主・徳川斉昭公により造られた庭園で、100品種3千本強の梅が植えられています。

梅まつりの期間は、土日を中心に同園で多数の催し(野点茶会など)が行われます。
また、見頃時期にはライトアップ(有料)も行われます。
 
なお、偕楽園の梅見頃時期は、早い年は2月下旬から、遅い年は3月中旬からとなります。
3月上旬から中旬に、見頃のピークを迎えることが多い名所です。
   
*偕楽園は、3千本のうち約2千本が開花した頃に、全体的な見頃を迎えます
*見頃の時期は気象条件により変わってきます。梅見頃情報でご確認を

■開催日時
・毎年2月下旬~3月
*見頃のピークは、3月上旬~中旬となることが多い
*2021年梅まつりは、2月13日~3月21日開催予定(新型肺炎の影響で変更される可能性もあります)

■過去の梅見頃時期
・2020年
2月7日頃から咲き始めとなり、2月20日に見頃を迎え、3月10日頃まで見頃が続きました      
・2019年
2月4日頃から咲き始め、3月1日に見頃を迎え、3月15日頃まで見頃が続きました
     
・2018年
3月6日頃から見頃を迎え、3月20日過ぎまで見頃が続きました
     
・2017年
2月24日頃から見頃を迎え、3月20日頃まで見頃が続きました
     
・2016年
2月25日頃に見頃を迎え、3月15日頃まで見頃が続きました
     
・2015年
3月13日頃に見頃を迎え、3月25日頃まで見頃が続きました

■場所・アクセス
茨城県水戸市見川
・JR常磐線・水戸駅北口からバス、偕楽園行き(約20分)。
*梅まつり期間中は、JR偕楽園臨時駅に停車する電車もあります

■入園料
・大人300円、小中学生150円

■ホームページ
・茨城県観光物産協会

偕楽園
画像:©茨城県観光物産協会

    ページのトップへ