くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
小田原梅まつり

毎年2月から3月上旬にかけて、神奈川県小田原市で行なわれている梅まつり。

梅まつり会場は、曽我梅林(メイン会場)と小田原城址公園。
期間中、流鏑馬、小田原ちょうちん踊り、寿獅子舞や書の舞など、いろんなイベントが行われます。

メイン会場の曽我梅林は、別所梅林と中河原梅林からなり、合わせて約3万5千本の梅が咲き誇ります。
梅の見頃は、主力の早咲き品種(十郎)と普通咲き品種(白加賀、南高)の両方が見頃となる2月中旬頃。
       
小田原城址公園は、桜の名所として有名ですが、梅も約250本が植えられています。
  
*見頃の時期は気象条件により変わってきます。梅見頃情報でご確認を

■見どころ・注意
・曽我別所梅林は、富士山と梅花の両方が満喫できる名所です。
絶好の撮影場所となっており、毎年、多数のカメラマンが詰め掛けます。
なお、午後からは逆光となるため、撮影は午前中がお勧めです。
     
・曽我梅林の主力品種は、早咲きの「十郎」です。
十郎が見頃となったときに、全体的な見頃となります。
見頃のピークは、この十郎と、次に多い品種・白加賀や南高(ともに普通品種)が見頃を迎えた時期です。
      
・平日でも混雑します。
天気が良ければ、平日でも曽我梅林周辺は混雑し、駐車場も午前中に満車となります。
公共交通機関のご利用を。
なお、梅まつり期間中は臨時バスも発着します。

・見頃時期は大きくズレます
見頃のピークは、平年の場合、2月中旬ですが、早い年は2月上旬に、遅い年は2月下旬以降となります。
早い年と遅い年では、20日以上見頃時期がズレます。
気温(1月と2月の気温)が一番大きく影響し、暖冬の場合は早く、逆に平年より気温が低くなると遅くなります。
      
■開催日時
・毎年2月~3月上旬
*平年の見頃時期(ピーク)は2月中旬
*2021年の梅まつり(小田原曽我の里さんぽ)は2月8日~2月28日。新型肺炎感染防止のため、イベントは行われません
       
■過去の見頃時期
・2020年
1月20日頃から咲き始め、2月6日から早咲きの十郎(主力品種)が見頃を迎え、その後2月中旬から遅咲き品種(白加賀)も見頃を迎え、2月末まで見頃が続きました。
     
・2019年
2月7日頃から、早咲きの十郎(主力品種)が見頃を迎え、梅まつり最終日3月3日まで見頃が続きました。
十郎の次に多い、白加賀の見頃が遅くなったため、長く見頃が続きました。
     
・2018年
2月12日頃から見頃を迎え、2月20日からピークを迎え、3月4日まで見頃が続きました。
平年と比べ約10日遅く見頃となり、見頃終わりはほぼ平年並。
     
・2017年
2月4日から見頃を迎え、2月20日過ぎまで見頃が続きました。
2017年は開花が早く、梅まつり初日の2月4日時点で、早咲き品種は満開を迎えていました
     
・2016年
2月6日から見頃を迎え、2月25日頃まで見頃が続きました。
2016年は開花が早く、梅まつり初日の2月6日時点で、早咲き品種が見頃(7分)を迎えていました。
     
・2015年
2月20日頃に見頃を迎え、梅まつり最終日の3月1日まで見頃が続きました。
2015年は2月の気温が低く、開花が遅れ、2月下旬になり、ようやく見頃を迎えました。

■場所・アクセス
・神奈川県小田原市
曽我別所梅林
・JR下曽我駅から徒歩約10分。
・小田原駅、JR国府津駅、小田急線新松田駅からバスで、中河原梅林、または下別所(別所梅林)で下車 。

小田原城址公園
・小田原駅から徒歩約10分。

■ホームページ
・曽我別所梅まつり観光協会

曽我梅林
画像:©小田原市


    ページのトップへ