くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
葵祭(あおいまつり)

毎年5月15日に京都市内で行われる、下鴨神社と上賀茂神社の例祭。
祇園祭時代祭とともに、京都三大祭のひとつです。

平安時代の装束となった人々の行列が、京都御所から下鴨神社を経て上賀茂神社まで、約8kmの都大路を進みます。
       
行列には、近衛使・検非違使と山城使、馬寮使、内蔵使による本列と、斎王代をはじめとする女人列があります。
参加するものすべてに、葵の葉を飾ったため、江戸時代から葵祭と呼ばれるようになりました。
     
<見どころ・注意>
・平安時代から続く伝統のお祭りです。

・京都御所から上賀茂神社までの沿道で見学することができますが、京都御苑や下鴨神社境内での見学がお勧め。
混雑が嫌な方は、下鴨神社から上賀茂神社までの沿道が比較的空いています。
         
・当日は多数の人出となる上、京都市内は交通規制が敷かれます。
葵祭当日は、電車と徒歩での移動をお勧めします。
         
・かつては少しの雨でも順延となりましたが、最近は雨が予想されても強行することが多くなりました。透明のカッパを着用しての巡行となります。
        
・順延か決行かは、当日の朝、発表されます。

<行列のコースと時間>
・10時30分、京都御所(堺町御門)出発。
・丸太町通→河原町通→下鴨神社到着(11時40分)
       
・下鴨神社で、社頭の義を行う。

・14時20分、下鴨神社出発。
・下鴨本通→洛北高校前→北大路通→北大路橋→賀茂川堤→上賀茂神社到着(15時30分)。

<起源>
567年に始まった祭り。
  
当時、日本国中が風水害に見舞われ、農作物が不作となりました。
勅命により、卜部伊吉若日子(うらべのいきわかひこ)が占ったところ、賀茂大神の祟りであると出ました。

祟りを静めるため、4月の吉日に祭り(馬に鈴をかけ駆け競べ)を行ないました。
それ以後、風雨が収まり、豊作の年が続きました。
     
これが、賀茂縁起に記されている賀茂祭(葵祭)の起こりです。
    
勅命により行われる国家的行事(日本の三勅祭)となりました。

<アクセス>
■京都御所(京都市上京区)
・京都駅から地下鉄烏丸線で、丸太町駅下車、徒歩5分。

■下鴨神社(京都市左京区下鴨泉川町59)
・京都駅からJR奈良線に乗車、東福寺駅下車。京阪・東福寺駅から出町柳行きに乗車、出町柳駅下車、徒歩10分。
      
*葵祭の日でなければ、京都駅からバスで下鴨神社へ向かうのが便利です

葵祭
葵祭

葵祭
葵祭

葵祭
葵祭
    ページのトップへ