くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
平安神宮(桜の名所)

京都市左京区にある神社。
1895年、桓武天皇を祀る神社として創祀されました。
    
京都を代表する紅しだれ桜の名所です。
特に、平安神宮神苑(有料、大人600円、小人300円)の八重紅しだれ桜が有名で、京都を代表する桜のひとつ。
      
谷崎潤一郎の小説「細雪」や、川端康成の小説「古都」にも登場する桜です。
紅しだれ桜があまりにも有名ですが、それ以外の桜(ソメイヨシノなど)もあります。
 
なお、平安神宮神苑(しんえん)は、平安神宮の社殿を取り囲むように、南神苑、西神苑、中神苑、東神苑の四つの庭で構成されています。
   
面積約3万3千㎡の池泉回遊式庭園で、明治時代に、小川治兵衛により作られました。
紅しだれ桜は、南神苑に多くありますが、尚美館と泰平閣(ともに京都御所から移築された建物)がある東神苑の景観がもっとも有名です。
  
■見どころ・注意
・紅しだれ桜の名所
紅しだれ桜は、濃い紅色の、一重または八重咲きの花を咲かせ、ソメイヨシノの後に咲くシダレサクラの総称。
   
京都で、紅しだれ桜といわれているものの大半は、八重紅しだれ(ヤエベニシダレ)です。
平安神宮の神苑(庭園、有料)は、京都一の紅しだれ名所です。
 
・SNS映えする名所
東神苑の尚美館、泰平閣(ともに京都御所から移築された建物)と紅しだれ桜の光景は、SNS映えする画像が撮れます。
 
また、神苑に入らなくても、建物の上に紅しだれ桜がのぞき、この光景もSNS映えします。
 
・紅しだれコンサート
毎年4月上旬に、神苑と東神苑の紅しだれ桜がライトアップされ、東神苑貴賓館をステージにコンサート(紅しだれコンサート)が開催されます。
 
1989年に始まり、現在では、京都の春の風物詩となっています。
2019年の場合、4月4日、5日、6日、7日に開催されました。時間は18時15分~21時で、入場券(当日)は2000円。
  
・混雑します
平安神宮は、修学旅行の学生さんや外国人などで、年中、賑わっている場所です。
桜見頃時期は、大変な混雑となります。
   
・早い年は3月末から見頃
見頃時期が、その年の気象条件により大きく変わってきます。
早い年は、紅しだれ桜でも3月末から見頃を迎えます。
   
また、京都を代表する桜には、しだれ桜、ソメイヨシノ、紅しだれ桜があり、しだれ桜→ソメイヨシノ→紅しだれ桜の順番に咲きます。
 
本来なら、ソメイヨシノが散り半ばとなった頃に、紅しだれ桜が見頃を迎えますが、気象が極端化してきた影響で、ソメイヨシノが満開時に、紅しだれ桜も満開となる年も多くなりました。
   
冬の気候から初夏の気候に一気に変わる(春が無い)のが原因と見られています。
   
■見頃時期
・平年の見頃は4月5日頃~15日頃(紅しだれ桜)
早い年は、3月下旬から見頃を迎えます。その年の気象により、大きく見頃時期が異なってきます。
  
*神苑拝観は8時30分~18時。紅しだれコンサート開催日は夜間(18時15分~21時)も
*最新の見頃情報は「京都の桜見頃情報」へ

■過去の満開時期
・2019年
紅しだれ桜は、4月3日頃に開花し、4月6日に見頃を迎え、4月18日頃まで見頃が続きました。
見頃期に気温低めとなり、非常に長く見頃が続いた年となりました。
   
・2018年
紅しだれ桜は、3月26日に開花し、3月29日に満開を迎え、4月7日頃まで見頃が続きました。
   
・2017年
紅しだれ桜は、4月5日に開花し、4月9日に満開を迎え、4月15日頃まで見頃が続きました。
   
・2016年
紅しだれ桜は、4月8日に満開を迎え、4月15日頃まで見頃が続きました。
   
■場所・アクセス
京都市左京区岡崎西天王町
・地下鉄東西線・東山駅下車、徒歩10分。
・京阪電車・三条駅下車、徒歩15分。
・JR京都駅よりバス、岡崎公園 美術館・平安神宮前下車、北へ徒歩5分。
  
■ホームページ
・平安神宮

平安神宮
平安神宮の鳥居

平安神宮
平安神宮の鳥居

    ページのトップへ