くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
高瀬川舟まつり

毎年秋分の日に、高瀬川について広く知ってもらうため、一之船入(いちのふないり)で開催されているイベント。
     
高瀬川は、江戸時代の初め、豪商・角倉了以が京都中心部と伏見をつなぐため開削した運河です。江戸時代から大正時代まで、京都の物流を支えました。
   
森鴎外の小説「高瀬舟」でも、有名な運河です。

現在では、高瀬川沿いに植栽された桜(京都を代表する桜名所の一つ)で有名となっています。
      
舟まつりは、運河の起点である一之船入付近(木屋町通りの二条~御池)において、復元された高瀬舟への上船、舞妓さんによるお茶席(有料)など、多数のイベントが行われます。
  
また、近くにある島津創業記念館が当日のみ無料開放されます。
  
*高瀬川は木屋町通と並走しているため、桜名所の名称は「木屋町通」と呼ばれることが多数です

■開催日時
・毎年秋分の日
10時30分頃~16時頃
*雨天決行、荒天中止
*2021年は9月23日に予定されていましたが、武漢肺炎の影響で中止となりました

■場所・アクセス
一之船入付近(京都市中京区木屋町二条)
   
・京阪「三条」駅から北西へ徒歩10分。
・京都駅からバス、「京都市役所前」で下車、徒歩約5分

東山


    ページのトップへ