くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
涸沢カール(紅葉名所)

長野県松本市安曇にある日本有数の氷河圏谷。
奥穂高岳を源とする谷で、穂高連峰への登山基地(ベース)となっています。
   
標高約2300mに位置し、日本有数の紅葉名所です。
      
なお、涸沢カールへは、麓の上高地バスターミナルから、約6時間の登山となります。
そのため、涸沢で1泊する必要があり、山小屋(涸沢ヒュッテ、涸沢小屋)利用か、テント泊となります。
       
登山道も整備され、傾斜もそれほどきつくはないですが、ガレ場(石や岩が堆積している斜面)もあり、充分な装備と体力が必要です。
   
また、天候にも、十分な注意が必要です。
     
■見どころ・注意
・日本を代表する紅葉名所のひとつです。
岩山の囲まれた氷河圏谷が、赤、黄、緑などによる錦色の絶景となります。
    
・赤色が出ない年もあります。
9月に雨が多いと、植物の光合成が進まず(赤色となる成分が作られない)、赤色にならず、黄土色の紅葉となります。
最近の状況は、当たり年(紅葉が素晴らしい)は、2年1度の割合です。
   
・見頃ピークは5日程です。
色づきの早い年は9月下旬に、遅い年は10月上旬に見頃を迎えます。
    
見頃のピーク期間は5日程で、その前後も合わせ、紅葉の見頃期間は約10日です(見頃期間が短い名所です)。
また、雨や強風により、1夜にして紅葉が終了した年もあります。
     
・涸沢カールまでも登山です。
整備されていますが、ガレ場(石や岩が堆積している斜面)もあり、涸沢カールまでも(それ以上、上に行かなくても)、登山となります。
十分な装備と体力、登山知識が必要です。
     
・紅葉シーズンは、大変混雑します。
涸沢カールのテント場だけでなく、登山口となる上高地も大変、混雑します。
  
■見頃時期
・9月下旬~10月上旬
見頃のピークは5日程度。その前後も合わせ、見頃期間は10日程です。
*最新の見頃情報は「紅葉見頃情報」へ
     
■過去の見頃時期
・2019年
9月20日頃から色づき始め、10月1日に見頃となり、10月3日頃からピークに入り、10月11日まで見頃が続きました。
      
・2018年
9月16日頃から色づき始め、9月25日に見頃を迎え、9月28日に見頃のピークを迎え、ピークは10月7日頃まで続き、見頃は10月10日頃まで続きました。
   
・2017年
9月10日頃から色づき始め、9月26日に見頃を迎え、9月29日に見頃のピークとなり、10月5日頃までピークが続き、見頃は10月8日頃まで続きました。
   
・2016年
9月10日頃から色づきが始まり、9月21日頃に見頃を迎え、9月24日頃に見頃のピークとなり、ピークは9月末まで、見頃は10月初めまで続きました。
    
・2015年
9月10日頃から色づき始め、9月22日に見頃を迎え、9月23日に見頃ピークとなり、9月末まで見頃が続きました。
   
■場所・アクセス
長野県松本市安曇(麓の上高地から登山)
・松本駅から、松本電鉄・上高地線で新島々駅(しんしましま)に。新島々駅から路線バスに乗車、上高地バスターミナルで下車。上高地バスターミナルから約6時間の登山となります。
         
■ホームページ
・涸沢ヒュッテ
・上高地公式サイト
風景
涸沢カール:©癒しの風景
風景
涸沢への登山口となる上高地
    ページのトップへ