くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
大阪城梅林(梅の名所)

大阪城の中にある梅園(入園料は無料)で、大阪を代表する梅の名所です。
   
大阪城内濠の東側、約1.7haの広さに約100品種、合わせて1270本近くの梅が植栽されています。
   
早咲きから遅咲きまで、多数の品種があるため、長い期間楽しめる名所ですが、もっとも本数の多い白加賀(普通咲きの白梅)、南高(普通咲きの白梅)、豊後(遅咲きの紅梅)の3品種が咲き揃ったときに見頃とされています。
   
*見頃の時期は気象条件により変わってきます。梅見頃情報でご確認を

■見どころ・注意
・SNS映えする画像が撮れます
梅林は、天守の東側に位置するため、「大阪城」と「梅」のSNS映えする画像が撮れます。城と梅は午前中がお勧めです(午後からは逆光になります)。なお、午後からは梅園の東に位置する高層ビル街(ビジネスパーク)を背景した画像が撮れます。
      
・土日は混雑します
大阪中心部に位置し、大阪を代表する名所のため、見頃期の土日は観梅する人で混雑します。
   
・歩きます
大阪城公園のど真ん中に位置するため(大阪城公園が広いため)、どの駅を利用しても梅林までかなり歩くことになります。
   
・見頃時期が大きく異なります
早い年は2月に見頃を迎えますが、遅い年は3月に見頃を迎えます。その年の気候(冬の気温)により、大きく見頃時期が異なります。

■見頃時期
・2月中旬~3月中旬
       
■過去の見頃時期
・2021年
2月初めに主力品種のひとつ・南高(普通咲き品種)が開花、2月15日に主力の白加賀(普通品種)が開花し、2月21日に全体的に見頃を迎えました。3月に入ると雨の日が多く、また、気温が高い影響により、一気に散り始め、3月5日頃に見頃終わりとなりました。
     
・2020年
2月15日頃から見頃(7分咲き)を迎え、2月末まで見頃が続きました。
     
・2019年
2月27日、見頃(7分咲き)を迎え、3月10日過ぎまで見頃が続きました。
     
・2018年
3月2日頃に主力品種のひとつ・南高が満開となり、全体的も見頃を迎え、3月12日頃まで見頃が続きました。

■場所・行き方
大阪市中央区大阪城(内堀の東側)
  
・地下鉄・天満橋、または谷町四丁目駅下車、徒歩10分。
・JR環状線・森ノ宮、または大阪城公園駅下車、徒歩10分。
       
■ホームページ
・大阪城公園

大阪城梅林
大阪城梅林

大阪城梅林
大阪城梅林

大阪城梅林
大阪城梅林
大阪城梅林
大阪城梅林
    ページのトップへ