くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
インド、一時帰国の検討を

2021年5月日、外務省がインドの武漢肺炎について、スポット情報を発表しました。
    
インドにおいて、武漢肺炎の感染状況が厳しくなってきており、医療提供体制がひっ迫した状況が続いています。
   
地元報道によると、ICU(集中治療室)のみならず、一般病床にも余裕がなく、入院が困難な状況が生じています。
   
また、PCR検査の受検が困難、あるいは受検できても結果が出るのに時間を要する状況が続いています。
   
この状況を受け、外務省はインドに滞在されている方に対し、一時帰国を検討するよう呼びかけました。
  
すでに帰国を検討されている方に対しては、出国のための手続きを早めに進めるよう呼びかけました。
   
なお、帰国のためのPCR検査受検が困難な方に対しては、大使館・総領事館に相談するよう呼びかけています。
ニュースINDEX.2021年5月上旬
★社会・国際
『インド』
風景
    ページのトップへ