くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
原油取引状況

原油価格(WTI原油先物価格)は、2014年秋以降、下落が続き、2015年1月には約6年ぶりに1バレル50ドル割れとなりました。
2015年の8月に入ると1バレル40ドル割れとなり、2015年(12月31日)は1バレル37.04ドルで取り引きを終えました。
 
2016年に入っても下落が続き、1月15日に終値でも1バレル30ドル割れとなりました。
その後は上昇の流れとなり、さらに2016年9月28日、アルジェリアで開催されたOPEC(石油輸出国機構)閣僚会議において、減産で合意し、取り引き価格が上昇。
         
2016年(12月30日)は1バレル53ドル台で取り引きを終えました。
2016年は、1年間で約46%の価格上昇となりました。
        
2017年は、1バレル50ドルを挟んで、大きく価格が動く相場が続きましたが、10月中旬以降は上昇の流れとなり、2017年は1バレル60ドル台で取り引きを終えました。
2017年は、1年間で約15.5%の価格上昇となりました。

2018年前半は上昇の流れが続き、さらに4月中旬からは中東情勢の緊迫化を受け高騰し、6月下旬には1バレル74ドル台となりました。
   
2018年7月中旬からは下落の流れになり、11月23日には1バレル50ドル台となりました。
12月7日、ウィーンで開催されたOPEC(石油輸出国機構)と非加盟国(ロシアなど)の会合において、1日当たり120万バレルの減産で合意しましたが、12月17日には1バレル49ドル台となりました。
   
さらに12月24日には、アメリカ政局の混乱(予算)とそれに伴う株価下落を受け、大幅下落し、1バレル42ドル台となりました。
結局、2018年は、1バレル45.41ドルで取り引きを終え、1年間で約25%の価格下落となりました。
   
2019年に入ると、上昇の流れに変わり、1月9日には1バレル52ドル台、2月1日には1バレル55ドル台、3月29日には1バレル60ドル台、4月22日には1バレル65ドル台、4月23日には1バレル66ドル台に乗せました。

4月末からは、1バレル60ドル~64ドルでの取り引きが続きましたが、5月23日に、米中貿易戦争の様相が強くなったことによる景気減速懸念や在庫の増加を受け、大幅下落し、1バレル57ドル台になりました。
 
6月に入ると、1バレル50ドル台~53ドル台での取り引きが続きましたが、6月20日に中東情勢の緊迫化(アメリカ・イラン関係)と在庫の減少を受け、大きく高騰、1バレル56ドル台となりました。
  
*過去最高値は、2008年7月11日の1バレル147.27ドルです
*1バレルは159リットル(正確には158.987294928リットル)



    ページのトップへ