くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
寒霞渓(紅葉名所)

香川県の小豆島にある渓谷。
小豆島の中央に位置する、標高817mの星ヶ城山(ほしがじょうさん)の西側に位置します。
        
耶馬渓(大分)、妙義山(群馬県)とともに日本三大渓谷美(日本三大奇景)の一つで、瀬戸内海国立公園に属します。

1300万年前の火山活動によってできた安山岩などの岩石が、その後の地殻変動や侵食により、奇岩の絶景となりました。
また、秋にはこの奇岩の上や間に、木々が色づき、日本を代表する紅葉名所となっています。
     
■見どころ・注意
・日本を代表する紅葉名所の一つです。
風光明媚な奇岩の上や間で、紅葉が色づきます。
SNS映えする絵が、多数、撮影できる名所です。
     
・1年中、楽しめる景勝地です。
寒霞渓(香川県)、妙義山(群馬県)とともに、日本三大奇景(日本三大渓谷美)のひとつ。
山頂からは瀬戸内海も眼下に広がり、青葉のシーズンや、落葉した冬場でも、景観が堪能できます。
     
・見頃が長く続きます。
標高の高い山頂付近(星ヶ城山の西側の8合目から9合目辺り:標高600m以上)が最初に見頃を迎え、その後、中腹、麓へと見頃が移っていきます。
     
標高差があるため、長く見頃期間が続きます。
平年は、山頂が見頃を迎えた約5日後に、中腹が見頃を迎えます。
また、中腹が見頃のピークを迎え、山頂付近の見頃も続いているときが、寒霞渓の一番の見頃時期です。
     
・土日は混雑します
日本を代表する紅葉名所の一つであるため、見頃時期の土日を中心に大変な混雑となります。
山頂へ登るロープウェイが、2時間待ちとなる場合もあります。
     
■見頃時期
・11月上旬~下旬
長く見頃が続く名所ですが、例年、11月中旬に見頃ピークとなります。
*最新の見頃情報は「紅葉見頃情報」へ
     
■過去の見頃時期
・2019年
山頂付近は、10月27日頃から色づき始め、11月13日頃から見頃を迎え、11月25日頃まで見頃が続きました。
     
中腹は、11月5日頃から色づき始め、11月16日頃から見頃を迎え、11月20日から見頃ピークとなり、ピークは11月28日頃まで続き、見頃は12月3日頃まで続きました。
    
・2018年
山頂付近は、10月23日頃から色づき始め、11月4日頃から見頃となり、11月25日頃まで見頃が続きました。
   
中腹は、11月11日頃から見頃となり、11月14日からピークを迎え、ピークは11月末まで続きました。
   
・2017年
山頂付近は、10月20日頃から色づき始め、11月4日に見頃を迎え、11月10日にピークとなり、11月20日過ぎまで見頃が続きました。
    
中腹は、11月9日頃から見頃を迎え、11月12日頃に見頃のピークとなり、ピークは11月25日頃まで続き、見頃は11月末頃まで続きました。
     
・2016年
山頂付近は、10月20日頃から色づき始め、11月6日に見頃を迎え、11月12日頃からピークとなり、11月20日頃まで見頃が続きました。
   
中腹は、11月11日頃から見頃となり、11月14日頃に見頃のピークを迎え、11月23日頃までピークが続きました。
    
・2015年
山頂付近は、10月13日頃から色づき始め、11月5日頃から見頃を迎え、11月20日頃まで見頃が続きました。
   
中腹は、11月9日頃から見頃を迎え、11月15日頃に見頃ピークを迎え、ピークは11月20日頃まで続き、見頃は11月末まで続きました。
2015年は気温が高く、長く見頃が続きましたが、色づきはあまり良くありませんでした。
   
■場所・アクセス
香川県小豆島町神懸通
・草壁港から小豆島オリーブバスで神懸線行き、終点の紅雲亭で下車。
       
*紅雲亭から寒霞渓までは、ロープウェイまたは登山
*小豆島・草壁港までは、高松港からフェリーが出ています
         
■ホームページ
・寒霞渓ロープウェイ
風景
寒霞渓:©香川県
風景
小豆島:©香川県
風景
瀬戸内海:©香川県
    ページのトップへ