くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
一目八景(紅葉名所)

大分県中津市耶馬溪町にある景勝地。
山移川沿いの渓谷(深耶馬溪)で、絶壁や石柱が屏風のように連なっています。
     
寒霞渓(香川県)、妙義山(群馬県)とともに、日本三大奇景のひとつになっている「耶馬溪」の中でも、もっとも風光明媚な場所です。
      
一度に海望嶺、仙人岩、嘯猿山、夫婦岩、群猿山、烏帽子岩、雄鹿長尾嶺、鷲の巣山の8つの景色を眺めることができるため、一目八景(ひとめはっけい)という名前が付けられました。
      
1年中、渓谷美が満喫できる景勝地ですが、特に紅葉シーズンは錦絵の世界となり、毎年、多数の観光客で賑わいます。
    
■見どころ・注意
・九州を代表する紅葉名所です。
風光明媚な絶壁や岩山の上で、紅葉が色づきます。
SNS映えする絵が、多数、撮影できる名所です。
     
・1年中、楽しめる景勝地です。
寒霞渓(香川県)、妙義山(群馬県)とともに、日本三大奇景のひとつになっている「耶馬溪」の中でも、もっとも景観の素晴らしい場所です。
青葉のシーズンや、落葉した冬場でも、景観が堪能できます。
     
・紅葉シーズンは大変な混雑となります。
鉄道が近くに無いため、バスや自動車で訪れることになります。
このため、土日を中心に周辺道路が渋滞します。
    
・台風などにより、シーズン前に落葉している年もあります。
紅葉する木々が、岩山の上にあるため、風に弱い名所です。
また、台風が近くを通過した場合、紅葉シーズンの前に落葉し、色付く葉が無い年もあります。
  
・気温高めの影響で、色づきが悪い年もあります。
年々、気温が上昇している影響で、色づきの悪い年も多くなっています。
      
特に最低気温が上昇している影響で、赤く色づかず、えび茶色や焦げ茶色で落葉する年もあります。
最近では、俗にいう「当たり年」は2年に1回の割合となっています。
     
■見頃時期
・平年の見頃は11月上旬から中旬
比較的、見頃時期が安定している名所で、例年、11月10日頃には見頃を迎えています。
*最新の見頃情報は「紅葉見頃情報」へ
     
■過去の見頃時期
・2019年
10月27日頃から色づき始めとなり、11月14日頃から見頃を迎え、11月17日頃から見頃ピークとなりました。
ピークは11月20日頃まで、見頃は21日頃まで続きました。
     
気温高めが続き、色づきが遅れましたが、11月半ばからの強い冷え込みにより、急激に進み、見頃時期の短い年となりました。
     
・2018年
10月25日頃から色づき始めとなり、11月6日に見頃(色づき5分)を迎え、11月10日頃からピークとなりました。
ピークは11月15日頃まで続き、見頃は18日頃まで続きました。
     
・2017年
10月18日頃から色づき始め、11月6日に見頃を迎えました。
11月10日頃から見頃のピークを迎え、ピークは11月17日頃まで続き、見頃は11月20日過ぎまで続きました。

・2016年
10月22日頃から色づき始め、11月11日頃から見頃(色づき5分)を迎えました。
11月12日に見頃のピークとなり、ピークは11月17日頃まで、見頃は20日頃まで続きました。
    
・2015年
10月19日頃から色づき始め、11月11日頃に見頃を迎え、11月18日(40ミリ)の雨で落葉し、見頃終わりとなりました。
11月に雨の日が多く、見頃の期間が短い年となりました。また、雨で色づいた葉が落葉し、ピークが無い年となりました。
   
■場所・アクセス
大分県中津市耶馬溪町深耶馬
・JR久大本線・豊後森駅から大分交通バス(柿坂行)で、深耶馬渓駐車場前下車。
      
*バスは1日2本(土日祝)~5本(平日)程度。
*紅葉シーズンには、中津駅をはじめ主要駅からツアーバスが出ています。
         
■ホームページ
・中津耶馬溪観光協会
一目八景
©大分県
一目八景
©大分県
    ページのトップへ