くにゅーニュース(Qnewニュース)
    ホーム    
マネタリーベース

中央銀行が供給する通貨のこと。
ベースマネーやハイパワードマネーとも呼ばれます。

日本の場合、現金通貨(1円硬貨~1万円札)と日銀当座預金との合計。
2019年12月末時点での日本のマネタリーベースは、518兆2425億円。

なお、日本銀行は、2013年からマネタリーベースを増加させる金融緩和を行っています。
      
マネタリーベースを増やすことで、マネーストックの増加を図るものです(景気対策)。

■日本のマネタリーベース
・2011年…125兆788億円
・2012年…138兆4747億円
・2013年…201兆8472億円
・2014年…275兆8740億円
・2015年…356兆1336億円
   
・2016年…437兆4314億円
・2017年…479兆9976億円
・2018年…504兆2166億円
・2019年…518兆2425億円

*日本銀行発表。毎年12月末時点
    ページのトップへ